NaO 自然療法機構秋分

中村 俊一 なかむら しゅんいち

 

あるでばらん★のコンセプト

「薬効手染」とは、ただ草木の色を染めることではなく、
体を癒す目的で古から用いられた茜、丁子、枇杷、楠、うこん、藍、蓬など植物たちの
持つ薬効・光・自然エネルギーを布に丁寧に染めむことを表します。(これが、染の本来の姿ではないかとも思っています。)

染め上がった植物の光や薬効を、肌を通じて体に取り込むことで、より健やかな「私」になっていただきたいと思っています。

▲このページの最上部へ